ニュース

東西間の電力融通拡大へ 震災教訓、変換所を新設

2021/3/29 20:34
 飛騨変換所内の電流の波形を変える設備。積雪に備え屋外設備の一部をかさ上げし、雪が積もらないよう三角屋根を設けた=29日午後、岐阜県高山市

 飛騨変換所内の電流の波形を変える設備。積雪に備え屋外設備の一部をかさ上げし、雪が積もらないよう三角屋根を設けた=29日午後、岐阜県高山市

 中部電力パワーグリッド(PG、名古屋市)と東京電力パワーグリッド(東京)は29日、周波数の違う東西間で電力を融通できる能力を増強し、一端を担うために新設された「飛騨変換所」(岐阜県高山市)を報道陣に公開した。東西間の融通能力は計120万キロワットだったが、今回の増強で210万キロワットへ拡大。総工費は約1300億円で31日に運用を開始する予定だ。

 周波数は東日本が50ヘルツ、西日本が60ヘルツと分かれ、相互の電力融通には周波数の変換設備が必要だ。2011年の東日本大震災では福島第1原発など、多くの発電所が停止し東京電力は電力不足に陥った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 在籍出向、2倍以上の3061人 (4/17)

     業績悪化で一時的に余剰となった従業員を、人手が必要な別の会社に出向させる「在籍出向」が2020年度は3061人と、新型コロナウイルス感染拡大前の19年度から2倍以上に増えていることが17日、事業者間...

  • 東芝、買収計画の協議見送り (4/17)

     東芝が、19日に開く取締役会で、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズからの買収提案について協議を見送ることが17日分かった。CVCが16日夕までに具体的な買収計画を提示しなかったためだ。 ...

  • 半導体のルネサス、生産再開 (4/17)

     半導体大手のルネサスエレクトロニクスは17日、火災のあった那珂工場(茨城県)の生産ラインを再開した。3月19日の火災から1カ月以内とした再開目標を予定通り達成した。今後は火災前の出荷水準に戻すため、...