ニュース

米2社のワクチン、有効性90% 4千人分析、CDC発表

2021/3/30 0:56

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は29日、米ファイザー製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの有効性について、2回接種から2週間を経た人で感染を防ぐ有効性は90%だったとする分析結果を発表した。昨年12月以降、最優先で接種した国内6州の医療従事者や未接種の人など約4千人を分析した。

 実用化前の大規模な臨床試験では、いずれも発症率を95%程度減らす有効性を確認していた。今回は参加者に毎週、PCR検査をしてもらい、発症ではなく感染自体の予防効果を評価した。1回接種でも、2週間後に80%の効果があったとしている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 日銀、景気「持ち直している」 (4/15)

     日銀の黒田東彦総裁は15日の支店長会議で、日本経済の現状について「新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」との認識を示した。感染拡大の「第4波」が経...

  • 平壌での行動制限一部緩和か (4/15)

     【北京共同】北朝鮮は15日、故金日成主席の生誕109年に当たる記念日「太陽節」を迎えた。首都平壌では展覧会などの祝賀行事を開催。新型コロナウイルス対策のための行動制限の一部緩和も伝えられるが、国境封...

  • EU、ワクチン接種1億回到達 (4/15)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は14日、EUの全27加盟国(人口計4億4770万人)で新型コロナウイルスワクチン接種が1億回に達したと発表した。2700万人以上が...

  • 日本漂着の北朝鮮船は9割減 (4/15)

     北朝鮮からとみられる船の日本海沿岸への漂着事案は2020年10月〜21年3月の半年間に13件で、1年前の141件から9割減ったことが15日、海上保安庁への取材で分かった。朝鮮半島情勢に詳しい北陸大(...

  • 米経済「緩やかに加速」 (4/15)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は14日公表した全国12地区連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)で、米国の経済活動が「2月下旬から4月初旬にかけて緩やかなペースに加速した」と...