ニュース

がん幹細胞発見、短時間で 北大、治療薬開発への応用期待

2021/3/30 1:00

 がん細胞を生み出すもとになる「がん幹細胞」を、化学物質を組み合わせた「ゲル」を使って24時間以内に見つけ出すことができたと、北海道大大学院医学研究院の田中伸哉教授らの研究チームが29日付の英科学誌電子版に発表した。

 これまではがん幹細胞の特定には2〜3週間かかり、約30万円の試薬が必要だったが、ゲルを用いれば短時間で費用も約3千円に抑えられる。田中教授は「がん幹細胞を特定することで、再発の予防につなげることができる」と説明した。

 田中教授によると、がん幹細胞だけを見つけ出すことは難しいという。治療薬の開発への応用が期待される。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 5G活用で遠隔手術の実証実験 (4/16)

     神戸大は16日、高速で大容量の通信が可能な第5世代(5G)移動通信システムを活用して国産手術支援ロボット「hinotori(ヒノトリ)」を遠隔操作する実証実験を始めたと発表した。外科医が不足する地方...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 大阪で最多1209人感染 (4/16)

     大阪府は16日、新型コロナウイルスに1209人が感染し、感染者16人が死亡したと発表した。新規感染は4日連続で最多を更新した。感染の中心だった大阪市以外の自治体でも感染の増加が顕著だ。吉村洋文知事は...

  • 原発処理水放出、風評被害を賠償 (4/16)

     東京電力の小早川智明社長は16日、政府が福島第1原発処理水の海洋放出を決めたことを受けて福島県庁で内堀雅雄知事と面会し、風評被害が出た場合は「責任を持って対応していく」と述べ、期間や地域、業種を限定...

  • 海の地震が内陸の断層刺激か (4/16)

     2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から約13時間後に長野県北部であったマグニチュード(M)6・7の地震は、東北沖の地震や度重なる余震の揺れが通過した影響で、近くの断層が緩やかにずれる「...