ニュース

東証4日続伸、48円高 米インフラ投資計画に期待

2021/3/30 15:08

 30日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日続伸した。米国のインフラ投資計画や、新型コロナウイルスワクチンの普及への期待から買い注文が優勢となった。

 終値は前日比48円18銭高の2万9432円70銭。東証株価指数(TOPIX)は15・48ポイント安の1977・86。出来高は約13億4076万株だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 19日13時     (4/19)

    <225種>          29762円89銭      前日比  +79円52銭  <TOPIX>         1961.83        前日比 +00.96    

  • 為替相場  19日(日本時間13時) (4/19)

    13時現在           1ドル=             108円63銭〜          108円65銭    前日比  +0円26銭   1ユーロ=            129円90銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 東証、午前終値は2万9748円 (4/19)

     週明け19日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は一進一退の展開となった。国内の新型コロナウイルス感染再拡大で企業活動に悪影響が広がるとの懸念から、朝方は下げ幅が一時100円を超える場面もあ...

  • 20年度の輸出、8・4%減に (4/19)

     財務省が19日発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、2020年度の輸出は前年度比8・4%減の69兆4873億円だった。新型コロナの影響で、下げ幅はリーマン・ショックの影響を受けた09年度(1...