ニュース

橋岡優輝「社会人として自覚」 五輪・パラで期待の選手が門出

2021/3/31 19:37
 富士通に入社する(左から)陸上男子走り幅跳びの橋岡優輝、パラ陸上女子走り幅跳びの兎沢朋美、陸上男子棒高跳びの江島雅紀=31日(同社提供)

 富士通に入社する(左から)陸上男子走り幅跳びの橋岡優輝、パラ陸上女子走り幅跳びの兎沢朋美、陸上男子棒高跳びの江島雅紀=31日(同社提供)

 東京五輪・パラリンピックで活躍を期待されるアスリートが新年度を迎え、社会人としてスタートを切る。陸上男子走り幅跳びで2019年世界選手権8位の橋岡優輝、男子棒高跳びの江島雅紀、パラ陸上で女子走り幅跳びの兎沢朋美らが入る富士通は31日、オンラインで記者会見し、日大出の橋岡は「社会人として一層自覚を持ちたい。日本記録の更新、五輪でのメダル獲得を第一目標としてしっかり頑張りたい」と意気込んだ。

 日大出の江島は「競技力の向上だけでなく、棒高跳びの普及活動も取り組んでいきたい」、東京パラ代表内定の兎沢は「社業もしっかり行うということで自分にプラスになる」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • ソ4―1オ(14日) (4/14)

     ソフトバンクは二回に松田の適時打で先制。六回に中村晃と甲斐の適時打、七回は栗原の犠飛で加点した。七回途中4安打無失点の和田が初勝利を挙げ、森が4セーブ目。オリックスは山本が六回途中3失点と粘れず2敗...

  • ヤ7―3D(14日) (4/14)

     ヤクルトが逆転勝ちで今季初めて勝率5割を超えた。0―2の三回に塩見の2ランなどで3点を奪って逆転。その後も山田の2打席連続本塁打などで加点した。金久保が六回途中まで3失点でプロ初勝利。DeNAは5連...

  • IOC、観客上限5月以降判断も (4/14)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のデュビ五輪統括部長が、東京五輪開幕まで100日となった14日に共同通信などの取材に応じ、今月中に判断する方針を示していた観客数の上限について「その...

  • J1は川崎、名古屋とも勝利 (4/14)

     明治安田J1(14日・川崎市等々力陸上競技場ほか=4試合)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)との兼ね合いによる変則日程で、第19節は首位の川崎が福岡を3―1で下した。遠野らが得点し、5連勝で勝ち...