ニュース

出生前診断の検査情報提供を容認 厚労省、国や自治体が妊婦らに

2021/3/31 21:23
 新出生前診断の在り方を議論する厚労省の専門委員会=31日午後、東京都千代田区

 新出生前診断の在り方を議論する厚労省の専門委員会=31日午後、東京都千代田区

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の在り方を検討してきた厚労省の専門委員会は31日、妊娠・出産・育児に関する支援の一環として、国や自治体が妊婦らに検査に関する情報を提供するのを容認する報告書を大筋でまとめた。「医師が妊婦に検査の情報を積極的に知らせる必要はない」とした旧厚生省専門委の見解を約20年ぶりに改める。国が関与する施設認証制度も創設し運営組織を発足させる。

 報告書は、検査に関する正しい情報を求める妊婦が増加しており、不安に寄り添った支援が求めらており、妊娠の初期段階で妊婦らへの誘導とならない形で、情報提供を行っていくことを求めた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、変異株の疑い新たに61人 (4/12)

     東京都は11日から12日にかけ、新型コロナウイルスの感染者が計727人報告されたと発表した。内訳は11日が日曜日で2月7日以来の400人超となる421人、12日は月曜日で2月1日以来の300人台の3...

  • 大阪、手術・入院の一時延期要請 (4/12)

     大阪府は12日、新型コロナウイルスに603人が感染し、感染者4人が死亡したと発表した。直近1週間の感染者は前週の1・47倍と急拡大が続き、確保した重症病床の使用率は90・6%に達した。府は12日、重...

  • 国内で新たに2109人感染 (4/12)

     国内で12日、新たに2109人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪603人、東京306人、兵庫159人、愛知122人など。死者は福岡5人、大阪4人など計24人が報告された。 厚生労働省...

  • 高齢者接種、5万人分で始動 (4/12)

     65歳以上の高齢者約3600万人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が12日、国内各地で始まった。第1弾として47都道府県に送ったワクチンは約5万人分。供給量が限られているため、一部の自治体...

  • キムリア150万円値下げ (4/12)

     厚生労働省は12日、白血病など血液がんを点滴で治療する高額薬「キムリア」の公定価格(薬価)を約150万円引き下げ、3264万円とする方針を固めた。14日の中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問...