ニュース

ワクチン12〜15歳にも有効 米ファイザー製

2021/3/31 22:45

 【ワシントン共同】米製薬大手ファイザーは31日、同社の新型コロナウイルスワクチンは12〜15歳にも有効だとする臨床試験(治験)結果を発表した。近く米国や欧州の医薬品規制当局に、現在は16歳以上としている使用許可の年齢層を、12歳以上に広げるよう申請する。

 米国で2200人余りを対象に半数ずつにワクチンか偽薬を投与。18人が発症したが全て偽薬のグループだった。接種後にできる抗体の量は16〜25歳の年齢層より多く、副反応もこれまでに知られているものの範囲だった。

 同社は現在、生後6カ月から11歳に対し安全性や有効性を調べる治験も段階的に進めている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内4093人感染、16人死亡 (4/18)

     国内で18日、新たに4093人の新型コロナウイルス感染が確認された。4千人を超えるのは5日連続。通常は感染者の報告が比較的少ない日曜日だが、大阪が1220人で過去最多を更新、和歌山も44人で最多に並...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 東京、新たに543人感染 (4/18)

     東京都は18日、新型コロナの感染者が新たに543人報告されたと発表した。日曜日で500人以上となるのは1月31日以来。累計は13万人を超え、13万83人となった。直近7日間を平均した1日当たりの人数...

  • 処理水放出、風評被害に追い打ち (4/18)

     東京電力福島第1原発の廃炉・汚染水・処理水対策福島評議会が18日、福島県いわき市で開かれ、政府や東電が、処理水の海洋放出に関する方針を改めて説明した。地元の自治体や関係団体は原発事故以来、続いてきた...

  • 米、原発処理水問題に介入せず (4/18)

     【ソウル共同】バイデン米政権で気候変動問題を担当するケリー大統領特使は18日、ソウルで記者団の取材に応じ、日本政府による東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定について「日本は国際原子力機関(IAE...