ニュース

3月の短観、コロナ前水準回復 サービス苦境、二極化が鮮明

2021/4/1 11:06
 日銀本店=東京都中央区

 日銀本店=東京都中央区

 日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)が昨年12月の前回調査から15ポイント上昇のプラス5だった。2019年9月以来、1年半ぶりのプラスで、新型コロナウイルスの感染拡大前の水準を回復した。改善は3四半期連続。3カ月後の先行きは1ポイント下落を見込んだ。

 ただ、宿泊・飲食など感染症の影響を強く受けるサービス業は苦境が続き、業種による二極化が鮮明となっている。サービス業を含む大企業非製造業全体は昨年12月の前回調査から4ポイント上昇のマイナス1となり、3四半期連続で改善した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  16日(日本時間16時) (4/16)

    16時現在           1ドル=             108円89銭〜          108円90銭    前日比  −0円08銭   1ユーロ=            130円27銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 東証続伸、40円高 (4/16)

     16日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。米国で個人消費の回復が確認されたことが追い風となり、買い注文が優勢になった。日米首脳会談を控え様子見ムードもあった。 終値は前日比40円68...

  • 東京株式 16日終値      (4/16)

    <225種>          29683円37銭      前日比  +40円68銭  <TOPIX>         1960.87        前日比 +01.74    

  • パイロット半数を女性や黒人に (4/16)

     【ニューヨーク共同】米航空大手のユナイテッド航空は、女性や黒人のパイロットを増やす方針を表明した。2030年までに5千人のパイロットを自前で養成する計画で、このうち少なくとも5割を女性や有色人種が占...