ニュース

気象庁「東日本の余震」表記せず 次の大地震に備え

2021/4/1 10:00
 気象庁

 気象庁

 気象庁は1日、東北の太平洋沖で起きる地震について、今後はホームページに防災上の注意点を掲載する際、「東日本大震災の余震と考えられる」との表記をやめると発表した。余震かどうかに関係なく、次に起こり得る大きな地震や津波に備えてもらうのが狙い。

 同庁は今回の対応について「東北の太平洋沖で起きる地震の回数は震災前の水準へ次第に戻りつつあり、新たに発生した個々の地震を『余震』と言い切ることが難しくなってきた」とも説明。一方で「震災前に比べて地震回数は依然多い状態が続いている」として注意を呼び掛けた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 有資格者立ち会わず工事 (4/17)

     東京都新宿区にあるマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、設備について知識がある消防設備士などの有資格者が現場に立ち会っていなかったことが1...

  • コロナ禍で避難者の把握困難 (4/17)

     新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上がたち、依然収束が見通せない中、大阪府の複数の障害者団体と専門家でつくる「障害者にとっての防災課題検討会」がコロナ対応を踏まえた災害時の避難所運営に関する自治...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 華原朋美さんへ暴行疑い、男逮捕 (4/16)

     歌手の華原朋美さん(46)の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、警視庁大崎署は16日、暴行の疑いで東京都江東区の自称会社員の男(32)を現行犯逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。光文社による...