ニュース

中小企業も景況感改善 6ポイント上昇、マイナス12

2021/4/1 10:02

 日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)によると、中小企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は全産業でマイナス12となり、前回の昨年12月調査から6ポイント改善した。改善は3四半期連続。3カ月先の先行きは3ポイント悪化のマイナス15を見込んだ。

 製造業の景況感は14ポイント上昇のマイナス13。自動車や半導体が好調な恩恵を受けた。一方、非製造業はマイナス11で、1ポイントの改善にとどまった。生産活動の改善に伴い、部品やインターネット通販に関連した輸送需要などが堅調だった。

 先行きは製造業がマイナス12、非製造業がマイナス16。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 為替相場  19日(日本時間21時) (4/19)

    21時現在           1ドル=             108円12銭〜          108円13銭    前日比  +0円77銭   1ユーロ=            130円14銭...

  • 万博など見据え新組織、りそな銀 (4/19)

     りそな銀行で西日本を統括する岡橋達哉副社長(57)は19日までに共同通信のインタビューに応じ、2025年大阪・関西万博など今後関西で行われる大型プロジェクトに携わる企業を支援する新組織「関西戦略室」...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • ルネサス、5月中に生産回復 (4/19)

     半導体大手ルネサスエレクトロニクスは19日、火災のあった那珂工場(茨城県ひたちなか市)について、5月中の生産回復を目指すと明らかにした。3月19日の火災発生から3カ月余り(100日前後)としていた、...