ニュース

鳥取聖火リレー縮小「大筋合意」 知事、組織委と

2021/4/1 15:09

 鳥取県の平井伸治知事は1日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて規模縮小を検討すると表明していた聖火リレーを巡り、東京五輪・パラリンピック組織委員会との交渉状況について「7割ほどルートを見直し、経費も2〜3割減らす方向で大筋合意できていると思う」と述べた。さらに調整し、来週中にも結論を得たいとしている。

 県によると、スポンサーの車列やコースの見直しなどを組織委と交渉しており、リレーを縮小できた場合に浮いた予算は、コロナ対策に回して県内の飲食店支援などに充てる方針。

 平井知事は記者会見で、コロナ再拡大を踏まえて「感染対策を十分考えなければならない」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 観客上限最終決定、6月先送りも (4/21)

     東京五輪・パラリンピックの観客数の上限について、最終決定を6月まで先送りする案が出ていることが21日、分かった。新型コロナの感染拡大により、現状での大会時の感染状況を見通すのは困難だとして、政府や大...

  • 熊谷紗希がリヨン退団表明 (4/21)

     【ベルリン共同】サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」の熊谷紗希主将が20日、自身のインスタグラムでリヨン(フランス)を今季限りで退団することを表明した。「簡単な決断ではなかったが、新しい挑戦を...

  • 五輪選手の唾液検査、毎日実施へ (4/21)

     東京五輪・パラリンピックに参加する選手への定期的な新型コロナウイルス検査について、政府や大会組織委員会が、唾液の採取による検査を基本とし、原則毎日行う方針を固めたことが20日、分かった。効率的な検査...

  • 五輪の陸上テスト大会、無観客に (4/21)

     5月9日に国立競技場で予定される東京五輪の陸上のテスト大会について、新型コロナウイルスの感染状況悪化を受け、大会組織委員会が無観客での開催に変更する方針を固めたことが20日、分かった。複数の大会関係...

  • 五輪パラへ選手の情報発信強化 (4/20)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会と合同のアスリート委員会をリモートで開き、東京大会に向け選手による情報発信を強化する方針を確認した。5月か...