ニュース

北海道歌志内市、人口3千人割れ 全国最少

2021/4/1 18:41

 北海道のほぼ中央に位置する歌志内市の人口が、3月末で3千人を割り込んだことが1日、市への取材で分かった。全国の市のなかで人口が最少となる。基幹産業だった炭鉱の閉山の影響が続き、人口の減少に歯止めがかかっていない。

 市によると、住民基本台帳に基づく3月末の人口は2994人(男1418人、女1576人)。人口のピークは市制施行前の歌志内町時代の4万6171人。2007年に5千人を切った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 本場のチューリップを動画で (4/21)

     世界一のチューリップ生産国として知られるオランダの在日大使公邸(東京都港区)で21日、庭に咲く1万5千以上のチューリップをオンラインで紹介するツアーが行われた。 新型コロナウイルスの感染拡大で、昨年...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...

  • 健保組合、コロナで8割弱赤字に (4/22)

     健康保険組合連合会(健保連)は22日、全国の1387健康保険組合の2021年度予算について、77・9%に当たる1080組合が赤字になるとの推計を公表した。前年度比169組合の増加。新型コロナウイルス...

  • 風に揺られ香る大藤の花、足利 (4/22)

     栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」で、樹齢160年の「大藤」が見頃を迎えた。広さ千平方mの藤棚から、滝のように咲き誇る花房はおよそ8万。甘い香りを漂わせながら風に吹かれる様子に、観光客は「今ま...