ニュース

コロナ禍での代表戦に成果強調 サッカー田嶋会長

2021/4/1 20:24

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が1日、新型コロナウイルスの特別な防疫措置を講じて実施した3月の国際親善試合を振り返り「初めての試みもあったが、しっかりと対応できた」と、オンラインで成果を強調した。

 国内での国際試合は1年4カ月ぶりで、日本代表は韓国とモンゴル、東京五輪世代のU―24(24歳以下)代表はアルゼンチンと対戦した。毎日の検査と、外部との接触を絶つ「バブル」方式を整えることで開催が許可された。選手、スタッフから陽性は確認されず、海外組や対戦チームは3月31日までに離日した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • アップル、新iPadプロ販売へ (4/21)

     【ニューヨーク共同】米アップルは20日、自社開発の高性能プロセッサーを搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)プロ」とデスクトップパソコン「iMac(アイマック)」の新製品を5月後半から販売す...

  • ラグビー、部員陽性の慶大戦中止 (4/21)

     関東ラグビー協会は21日、関東大学春季大会の慶大―流通経大(5月2日・慶大グラウンド)を中止すると発表した。複数の部員が新型コロナウイルスの陽性者となったため、活動を休止している慶大が辞退を申し出た...

  • 「アビガン」臨床試験を再開 (4/21)

     富士フイルムは21日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、国内で新たな臨床試験を開始したと発表した。政府は昨年12月、有効性の判断が難しいとアビガン承認を見送っており、改めてデ...

  • ワクチン追加、5千万回分で調整 (4/21)

     政府が、米ファイザー社から受ける新型コロナワクチンの追加供給量について5千万回分、2500万人分で調整していることが21日、分かった。追加供給は、菅義偉首相と同社首脳が実質合意していた。首相は参院本...

  • 東証急落、2万9000円割れ (4/21)

     21日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急落した。下げ幅は一時600円を超え、節目の2万9000円を約1カ月ぶりに割り込んだ。コロナ流行による3度目の緊急事態宣言の発令方針が警戒された。...