ニュース

沖縄戦の遺骨、身元特定 証言頼りにDNA型鑑定

2021/4/2 20:26
 厚生労働省が入る庁舎

 厚生労働省が入る庁舎

 沖縄県糸満市で収集された沖縄戦の戦没者の遺骨について、厚生労働省が当時同じ戦地にいた人の証言を基にしたDNA型鑑定で身元特定していたことが2日、同省への取材で分かった。証言を頼りに特定できた事例は沖縄戦の戦没者で初めて。遺骨は遺族の元に返還される。

 厚労省は2003年度から、遺品や埋葬者名簿などの手がかりがある遺骨のDNA型鑑定を開始。この取り組みで身元が判明した沖縄戦の戦没者としては6人目となる。厚労省の専門家会議で20年12月、遺族との血縁関係が確認されたという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 乗用車内に男女4遺体 (4/22)

     22日午前0時50分ごろ、横浜市青葉区恩田町のコンビニ駐車場で、ワゴン車内から親子4人の遺体が見つかった。神奈川県警青葉署によると、死亡していたのは40代の男性、30代の妻と男児2人。無理心中の疑い...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 「ハンセン病台帳出品」で検討会 (4/22)

     明治時代に長野県の警察がハンセン病患者と家系を調査したとみられる台帳が2月、インターネットオークションに出品された問題で、ハンセン病市民学会や全国ハンセン病療養所入所者協議会などが台帳に関する課題整...

  • 岡山の2療養所に解剖記録 (4/21)

     岡山県瀬戸内市にある国立ハンセン病療養所「長島愛生園」と「邑久光明園」で、1930〜90年代に亡くなった入所者計約3千人分の解剖記録が残っていることが21日までに、両園への取材で分かった。隔離政策の...