ニュース

大橋、谷川が初の五輪代表 400個人メドレー、瀬戸優勝

2021/4/3 18:41
 女子400メートル個人メドレー決勝 優勝した大橋悠依の平泳ぎ=東京アクアティクスセンター

 女子400メートル個人メドレー決勝 優勝した大橋悠依の平泳ぎ=東京アクアティクスセンター

 東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は3日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで開幕し、400メートル個人メドレーの女子は2019年世界選手権銅メダルの大橋悠依(イトマン東進)が4分35秒14で制し、4分37秒90で2位に入った17歳の谷川亜華葉(イトマンSS)とともに日本水連の定める派遣標準記録を突破して、そろって初めての五輪代表入りを決めた。

 男子は19年世界選手権優勝で五輪代表に決まっていた瀬戸大也(TEAM DAIYA)が4分9秒02で勝った。井狩裕貴(イトマン近大)が4分11秒88で派遣標準をクリアして2位となり、2人目の代表となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 二階氏、五輪中止も選択肢 (4/15)

     自民党の二階俊博幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合の東京五輪・パラリンピック開催について「とても無理と言うならやめないといけない」と述べ、開催中止も選...

  • ロドンが無安打無得点試合 (4/15)

     【ロサンゼルス共同】米大リーグ、ホワイトソックスの左腕カルロス・ロドン投手(28)が14日、シカゴで行われたインディアンス戦でノーヒットノーランを達成した。9日のパドレスのマスグローブに続き、今季メ...

  • 31歳の海老沼匡、現役引退表明 (4/15)

     柔道男子66キロ級で2012年ロンドン五輪、16年リオ五輪と続けて銅メダルを獲得し、世界選手権を3度制した海老沼匡(31)が15日、東京都内で記者会見を開いて「現役を引退することを決めた」と発表した...

  • 沖縄本島の公道リレー中止へ (4/15)

     沖縄県に新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受け、東京五輪の沖縄本島での聖火リレー(5月1、2日)は全て公道を使わない方向であることが15日、分かった。各日の到着地の会...