ニュース

疫病除けマンボウ?版画を再展示 「まん防」措置で和歌山

2021/4/4 18:29
 和歌山市立博物館が展示を再開した、疫病退散を願って描かれたとみられるマンボウの木版画

 和歌山市立博物館が展示を再開した、疫病退散を願って描かれたとみられるマンボウの木版画

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が宮城、大阪、兵庫の3府県へ適用されるのが決まった中、和歌山市立博物館は4日、江戸時代後期に疫病退散を願って描かれたとみられるマンボウの木版画の展示を再開した。措置の適用期限となる5月5日までの予定。

 昨年の夏から今年3月の緊急事態宣言解除までの間に、同館は2回、期間限定で展示していた。来館者から「大阪などで『まん防』が始まる今こそ、展示を」との声が相次ぎ、再び披露することにした。

 同館の佐藤顕学芸員は「まん防とマンボウを掛けるつもりはないが、コロナ終息を願う気持ちは変わらない」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • アップル、新iPadプロ販売へ (4/21)

     【ニューヨーク共同】米アップルは20日、自社開発の高性能プロセッサーを搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)プロ」とデスクトップパソコン「iMac(アイマック)」の新製品を5月後半から販売す...

  • 緊急宣言発令「なるべく早く」 (4/21)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は21日の衆院厚生労働委員会で、緊急事態宣言の3度目の発令について「変異株のこともあるので、なるべく早くやるということが求められている」と強調した...

  • ワクチン追加供給は5千万回分 (4/21)

     新型コロナウイルスワクチンの米ファイザー社からの追加供給量について、政府が5千万回分、2500万人分で調整していることが21日、分かった。追加供給は、菅義偉首相と同社首脳が実質合意していた。

  • 小型船舶免許の合格者、25%増 (4/21)

     新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年度に、プレジャーボートや水上バイクなどを操縦できる小型船舶免許の合格者が前年度比25・7%増の7万1975人に上ったことが21日、国家試験を実施する日本海...

  • 東証大幅続落、2万9千円割れ (4/21)

     21日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。下げ幅は一時500円を超え、節目の2万9000円を約1カ月ぶりに割り込んだ。新型コロナの世界的な感染再拡大を懸念する売り注文が先行し...