ニュース

奄美の森、緑の光ほのかに 例年より早くキノコ姿

2021/4/5 5:34
 淡い緑色の光を放つシイノトモシビタケ=3日、鹿児島県龍郷町

 淡い緑色の光を放つシイノトモシビタケ=3日、鹿児島県龍郷町

 鹿児島県・奄美大島の奄美自然観察の森(龍郷町)で、夜間に淡い緑色の光を放つキノコ「シイノトモシビタケ」が姿を見せ始めた。雨が多く気温が高めの日が続いたため、例年より半月ほど早い。9月ごろまで見られる。

 シイノトモシビタケは倒木のシイに生える。釣り鐘状のかさは直径約2センチで、夜にかさと柄の全体が光る。自然観察指導員の川畑力さん(42)によると、今年は4月1日に初めて確認。森の数カ所で例年になく大量に生えているという。

 シイノトモシビタケはホタルとともに、初夏の奄美の風物詩。川畑さんは「ダメージを与えないよう、そのままの状態で観察してほしい」と話している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 本場のチューリップを動画で (4/21)

     世界一のチューリップ生産国として知られるオランダの在日大使公邸(東京都港区)で21日、庭に咲く1万5千以上のチューリップをオンラインで紹介するツアーが行われた。 新型コロナウイルスの感染拡大で、昨年...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...

  • 健保組合、コロナで8割弱赤字に (4/22)

     健康保険組合連合会(健保連)は22日、全国の1387健康保険組合の2021年度予算について、77・9%に当たる1080組合が赤字になるとの推計を公表した。前年度比169組合の増加。新型コロナウイルス...

  • 風に揺られ香る大藤の花、足利 (4/22)

     栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」で、樹齢160年の「大藤」が見頃を迎えた。広さ千平方mの藤棚から、滝のように咲き誇る花房はおよそ8万。甘い香りを漂わせながら風に吹かれる様子に、観光客は「今ま...