ニュース

スバル、半導体不足で工場停止 群馬・矢島工場、減産1万台

2021/4/5 19:01

 SUBARU(スバル)は5日、世界的な半導体の供給不足を受け、群馬製作所矢島工場(群馬県太田市)の操業を10〜27日に停止すると発表した。減産規模は約1万台に上る見通し。停止するのは主に平日の計13稼働日で、21日からは二つある生産ラインのうち一つは稼働する。

 28日〜5月9日はゴールデンウイークの長期休暇のため、矢島工場の全ライン再開は5月10日になる。本工場(同市)と大泉工場(同県大泉町)は稼働を続ける。矢島工場はスポーツタイプ多目的車(SUV)「フォレスター」などを手掛けている。群馬製作所の2020年の生産台数は約57万台だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 23日終値      (4/23)

    <225種>          29020円63銭      前日比 −167円54銭  <TOPIX>         1914.98        前日比 −07.52    

  • 為替相場  23日(日本時間15時) (4/23)

    15時現在           1ドル=             107円89銭〜          107円90銭    前日比  +0円01銭   1ユーロ=            129円78銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 地域観光支援6月以降も継続 (4/23)

     国土交通省は23日、観光支援事業「Go To トラベル」に代わる都道府県の旅行割引支援を6月以降も継続する方針を固めた。これまで5月末までとしていた。新型コロナウイルス感染症拡大で、東京など4都府県...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...