ニュース

東証、午前終値は2万9863円 過熱警戒、米株高は好感

2021/4/6 11:49

 6日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。相場過熱への警戒感から売り注文が出て、下げ幅は一時200円を超え、3万円の大台を割り込んだ。一方、前日の米株高を好感した買いも入り、上昇する場面もあった。

 午前終値は前日終値比226円15銭安の2万9863円10銭。東証株価指数(TOPIX)は13・70ポイント安の1969・84。

 平均株価は5日まで3営業日続伸しており、当面の利益を確定する売りが出た。外国為替市場では円高ドル安が進み、日本企業の輸出採算の悪化が懸念された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証、午前終値2万8983円 (4/23)

     23日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。米政権の掲げる増税方針への警戒感から売り注文が先行した。下げ幅は一時400円を超えた。変異株などによる国内の新型コロナウイルス感染再拡大...

  • 東京株式 23日午前終値    (4/23)

    <225種>          28983円31銭      前日比 −204円86銭  <TOPIX>         1912.17        前日比 −10.33    

  • 為替相場  23日(日本時間11時30分) (4/23)

    11時30分現在        1ドル=             107円94銭〜          107円98銭    前日比  −0円04銭   1ユーロ=            129円75銭...

  • ワタミ、100億円調達へ (4/23)

     外食大手ワタミが日本政策投資銀行に100億円規模の資金支援を要請したことが23日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で悪化した財務基盤を厚くするほか、焼き肉店の新規出店の投資などに充て雇用維...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...