ニュース

署名偽造へ「10月に会合」 河村市長事務所が中間報告

2021/4/6 18:46

 名古屋市の河村たかし市長は6日、大村秀章愛知県知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造問題を巡り、自身の事務所による独自調査の中間報告を公表し、昨年10月上旬に署名偽造に向けて会合が開かれて不正に着手した、との情報を得たと主張した。

 河村氏は「私の事務所関係者は不正に一切関わっていない」と強調。河村氏の事務所によると、スタッフはこの会合に参加していないという。

 中間報告は、署名偽造に使われた名簿は、リコールの会事務局関係者が東京に行って購入したことも、関係者への聞き取りによって判明したと指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 自民、公務員制度改革を提言へ (4/20)

     自民党行政改革推進本部(棚橋泰文本部長)がまとめた公務員制度改革に関する提言案が20日、判明した。若手官僚の早期退職増加を巡り「『霞が関崩壊』の危機に直面している」と表明。リモートワーク推進など職場...

  • 大阪、政府に緊急宣言要請 (4/20)

     大阪府は20日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の発令を政府に要請した。まん延防止等重点措置の開始から2週間以上が経過した同日も、新規感染者が火曜として最多の1153人に上った。重症者も確保病床数を...

  • 公選法の条文ミスを2年放置 (4/20)

     2018年に改正された公選法の条文にミスがあったにもかかわらず、総務省から指摘を受けた参院法制局が2年以上放置していたことが20日、分かった。新たな規定を加える際の不備で一部の罰則が存在しない状態だ...

  • 18、19歳厳罰化、衆院を通過 (4/20)

     事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案が20日、衆院本会議で可決。成人年齢が来年4月に20歳から18歳に引き下げられるのに合わせた措置。参院に送られ、23日に審議入りする見通し。 改正...