ニュース

農業担う人材確保、全国で展開へ 全農とJTBが連携強化

2021/4/6 19:28

 JA全農と旅行大手JTBが協力し、副業などとして農作業を担う人材を確保する取り組みを全国で展開する方針を固めたことが6日、分かった。新型コロナの影響による入国・移動制限で、農業現場では外国人技能実習生やアルバイトの採用が難しい。観光業界は旅行需要減少のため人材の活用先を探しており、両者の思惑が一致した。

 JA全農とJTBは連携協定を1日に締結。2021年度は山形、福島、静岡、広島、愛媛など10の県域から開始し、今後、全国に広げる。山形ではサクランボ、広島はキュウリの収穫作業を想定。21年度は延べ5万人、22年度には10万人が農作業に従事する計画だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  23日(日本時間21時) (4/23)

    21時現在           1ドル=             107円78銭〜          107円79銭    前日比  +0円12銭   1ユーロ=            129円97銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 政府、LINEを行政指導 (4/23)

     政府の個人情報保護委員会は23日、LINE(ライン)の利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧できた問題で、LINEを行政指導したと発表した。業務委託先の中国企業への監督体制などが不十分だったと判断...

  • 百貨店、映画館関係者に不満 (4/23)

     新型コロナウイルスに伴う4都府県に出された緊急事態宣言を受け、百貨店や映画館などは臨時休業や営業の大幅縮小を検討するなど対応に追われた。百貨店関係者からは「いいかげんにしてほしい」と怒りの声が上がり...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...