ニュース

納沙布沖、宙に浮く船? 海と空が区別しにくくなる現象

2021/4/6 20:34
 北海道根室市の納沙布岬付近の沖合で、宙に浮いているかのように見える船。奥は国後島=6日午後

 北海道根室市の納沙布岬付近の沖合で、宙に浮いているかのように見える船。奥は国後島=6日午後

 北海道根室市の納沙布岬周辺の沖合で6日、船が北方領土の国後島を背に、水平線から宙に浮いているかのような光景が市内の道道付近から見られた。船は第1管区海上保安本部の巡視船で、付近を巡回していた。

 蜃気楼などに詳しい魚津埋没林博物館(富山県魚津市)の石須秀知館長によると、水平線付近の波が落ち着き、空の色と区別がつきにくくなるとみられる。「蜃気楼とよく間違えられるが、海面から浮いているようで面白い」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 在宅勤務中の育児を詠む (4/14)

     「テレワーク 九九の呼吸が 漏れ聞こえ」―。オリックスは14日、働きながら子育てする人の日常をつづった「働くパパママ川柳」の入賞作品を発表した。大賞には子どもを傍らに感じながら在宅勤務する様子を表現...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...

  • 熊野本宮大社で「湯登神事」 (4/13)

     和歌山県田辺市の世界遺産・熊野本宮大社で13日、父親に肩車された稚児の行列が参道を歩く「湯登神事」が営まれ、15日まで続く例大祭の幕開けを飾った。稚児に神を降ろし、健やかな成長を願う祭りで、神事の間...

  • 「有田陶器市」を一転中止、佐賀 (4/13)

     佐賀県有田町の有田商工会議所は13日、大型連休恒例の「有田陶器市」を中止すると発表した。先月末に2年ぶりの開催を発表していたが、県外での新型コロナウイルス感染拡大を受け断念した。昨年に続き、インター...