ニュース

久田哲也「勝つ自信しかない」 WBCライトフライ級

2021/4/7 17:38
 ポーズをとる久田哲也=大阪市(代表撮影)

 ポーズをとる久田哲也=大阪市(代表撮影)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ(24日・エディオンアリーナ大阪)に臨む久田哲也(ハラダ)が7日、オンラインで取材に応じ、同級チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)との一戦へ「勝つ自信しかない。全てをぶつける」と気持ちを高ぶらせた。

 昨年12月に予定されていた対戦は、寺地の不祥事により中止となったが「弱点をクリアにできた。今は延びたことをプラスに考えている」と充実感がにじむ。36歳で王座奪取となれば、日本男子では最年長。久田は「36歳という年齢でもチャレンジできて、世界の一線で闘えることを証明するにはちょうどいい」と鼻息を荒くした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 人種差別で10試合出場停止 (4/15)

     欧州サッカー連盟(UEFA)は14日、欧州リーグの試合中に人種差別的な言動をしたとして、スラビア・プラハ(チェコ)のDFクデラに、UEFA主催のクラブと代表の試合で10試合出場停止とする処分を科した...

  • ソ4―1オ(14日) (4/14)

     ソフトバンクは二回に松田の適時打で先制。六回に中村晃と甲斐の適時打、七回は栗原の犠飛で加点した。七回途中4安打無失点の和田が初勝利を挙げ、森が4セーブ目。オリックスは山本が六回途中3失点と粘れず2敗...

  • ヤ7―3D(14日) (4/14)

     ヤクルトが逆転勝ちで今季初めて勝率5割を超えた。0―2の三回に塩見の2ランなどで3点を奪って逆転。その後も山田の2打席連続本塁打などで加点した。金久保が六回途中まで3失点でプロ初勝利。DeNAは5連...

  • IOC、観客上限5月以降判断も (4/14)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のデュビ五輪統括部長が、東京五輪開幕まで100日となった14日に共同通信などの取材に応じ、今月中に判断する方針を示していた観客数の上限について「その...