ニュース

パナ、中国の空調事業強化 コロナ受け需要拡大

2021/4/7 20:33
 パナソニックの空調機器の展示ブース=7日、中国・上海(共同)

 パナソニックの空調機器の展示ブース=7日、中国・上海(共同)

 【上海共同】パナソニックは7日、中国での空調関連事業の投資と生産を拡大させる方針を明らかにした。新型コロナや黄砂の影響で空気を清浄化する機器の需要が高まっており、事業を強化する。中期戦略を今年中に策定する方針だ。

 社内カンパニー「中国・北東アジア社」の本間哲朗社長が中国・上海で開かれた空調関連の展示会で共同通信の取材に答えた。本間氏は「ポストコロナを見越して中国で先行開発した技術や商品が世界に波及する」と強調した。

 展示会では加湿・除湿や換気など複数機能を兼ね備えた空調システムの新製品を紹介。当面は住宅向けとして販売し、コンビニなど業務用への拡大も図る。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • JR西日本、6月から社員を出向 (4/21)

     JR西日本は21日、今年6月から飲食店やホテルなどグループ外の企業に社員を出向させると明らかにした。運転士を含む全社員が対象。新型コロナウイルス流行で旅客が大幅に減少しており、余剰人員の雇用確保を図...

  • 日本郵政、豪子会社の一部売却 (4/21)

     日本郵政は21日、経営難が続くオーストラリアの物流子会社トール・ホールディングスの貨物輸送事業を約7億円で現地の投資ファンドに売却すると発表した。関連する損失として2021年3月期連結決算に674億...

  • 東京株式 21日13時     (4/21)

    <225種>          28520円43銭      前日比 −579円95銭  <TOPIX>         1887.42        前日比 −38.83    

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 為替相場  21日(日本時間13時) (4/21)

    13時現在           1ドル=             107円98銭〜          107円99銭    前日比  +0円42銭   1ユーロ=            129円91銭...