ニュース

柔道、京都出身の安昌林が優勝 アジア・オセアニア選手権

2021/4/7 21:26

 柔道のアジア・オセアニア選手権第2日は7日、キルギスのビシケクで男女計4階級が行われ、男子73キロ級は京都市出身の在日3世で2018年世界選手権王者の安昌林(韓国)が決勝でタジキスタン選手に優勢勝ちして優勝した。4階級とも日本勢はエントリーしていない。

 世界ランキング3位で27歳の安昌林は決勝で同19位の相手に対し、終盤に得意の低い姿勢からの背負い投げで技ありを奪った。1回戦でキルギス選手に指導3による反則勝ちを収め、準々決勝はフィリピン選手に難なく一本勝ち。中国選手との準決勝は延長戦で担ぎ技から一本を決めるなど堅実な闘いぶりだった。(共同)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 野口が予選首位、野中11位 (4/17)

     【マイリンゲン(スイス)共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は16日、スイスのマイリンゲンで東京五輪シーズン開幕戦となるボルダリング第1戦の予選が行われ、女子でともに五輪代表の野口啓代...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 5月17、18日に来日で調整 (4/17)

     国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日が5月17、18両日で調整されていることが分かった。17日に被爆地の広島市で聖火リレー関連の式典に出席し、18日に東京で菅義偉首相らとの会談に臨む予...

  • バスケ、宇都宮が45勝目 (4/16)

     バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は16日、富山市総合体育館で1試合が行われ、東地区首位の宇都宮が富山を119―62で下し、45勝9敗とした。

  • 中3―7広(16日) (4/16)

     広島が連敗を3で止めた。同点の三回に鈴木誠の4号3ランで勝ち越すなど打線が13安打7得点と活発だった。救援で2回無失点の大道がプロ初勝利。中村奨が二塁打でプロ初安打を記録した。中日は今季初の4連敗と...