ニュース

30年削減目標、40%台で調整 温室効果ガス、35〜45%案も

2021/4/7 21:37

 日本の2030年の温室効果ガス排出削減目標について、政府が13年度比で40%台減らす方向で調整していることが7日分かった。政府内には35%減や45%減を推す声もあり、決定まで曲折も予想される。30年目標は、菅義偉首相が表明した50年の温室効果ガス排出実質ゼロへの重要な通過点。政府は脱炭素社会実現に向けた検討を急ぎ、6月の先進国7カ国首脳会議(G7サミット)までに目標を固める方向。

 日本は現行の「30年度に13年度比26%減」から大幅に引き上げた目標を掲げて存在感を発揮したい考え。欧州連合(EU)や米国と比べ、見劣りしない目標にできるかどうかが鍵となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 米中、温暖化対策で協力と発表 (4/18)

     【ワシントン、上海共同】米中両国の地球温暖化対策を担当する特使は日本時間の18日「両国は協力する責務がある」との共同声明を発表した。国際枠組み「パリ協定」に基づき、2020年代の気候変動対策の行動強...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • ワクチン全員分、9月に調達 (4/18)

     菅義偉首相は、米製薬大手ファイザー社のアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)との電話会談で、日本が新型コロナウイルスワクチンの追加供給を受けることで実質的に合意した。河野太郎行政改革担当相が18...

  • 韓国外相、米に協調要請 (4/18)

     【ソウル共同】バイデン米政権で気候変動問題を担当するケリー大統領特使は17日、中国・上海から韓国・ソウルに移動し、鄭義溶外相と会談した。韓国外務省の発表によると、鄭氏は日本政府による東京電力福島第1...

  • 米製薬首脳に追加供給要請 (4/17)

     【ワシントン共同】菅義偉首相は17日午前(日本時間同日夜)、米製薬大手ファイザー社のアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と電話会談し、新型コロナウイルスワクチンの日本への追加供給を要請した。ブ...