ニュース

ジブチ自衛隊、新たに17人 感染判明、監視は継続

2021/4/7 23:40

 防衛省統合幕僚監部は7日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処行動に当たる自衛隊のジブチの活動拠点で勤務する全隊員約180人の検査をした結果、新たに17人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これまでに4人の感染が判明しており、拠点の感染者は計21人となった。いずれも容体は安定している。

 ジブチ拠点には、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が滞在し、海賊対処と中東での日本船舶の安全確保を目的とする情報収集活動に従事している。防衛省統幕は「感染対策を徹底し、隊員の安全を確保しながら監視活動を続ける」としている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 米国で別姓婚「婚姻成立」 (4/21)

     米国で別姓のまま結婚した映画監督の想田和弘さん(50)と映画プロデューサーの柏木規与子さんが日本でも婚姻関係にあることの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、夫婦側の請求を退けた。市原義孝裁判...

  • 中2死亡、市教委が対応調査へ (4/21)

     北海道旭川市で3月、当時中学2年の女子生徒が市内の公園で遺体で見つかり、「文春オンライン」で性的ないじめが背景にあって失踪したと報じられたことを受け、旭川市教育委員会が当時の市教委や学校側の対応を調...

  • 岡山の2療養所に解剖記録 (4/21)

     岡山県瀬戸内市にある国立ハンセン病療養所「長島愛生園」と「邑久光明園」で、1930〜90年代に亡くなった入所者計約3千人分の解剖記録が残っていることが21日までに、両園への取材で分かった。隔離政策の...

  • 東海道新幹線、運転一時見合わせ (4/21)

     21日午後7時35分ごろ、小田原駅(神奈川県小田原市)に停車していた東海道新幹線下り線のこだま751号で、乗客から「異臭がする」と申告があった。車両点検のため、東京―小田原間の上下線の運転を見合わせ...