ニュース

NY株反発、16ドル高 米景気回復加速に期待

2021/4/8 5:46

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比16・02ドル高の3万3446・26ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及を背景に、米景気回復の加速を期待した買いが優勢となった。

 景気が過熱して物価が急上昇し、量的緩和政策の縮小が早まるのではないかとの警戒感も根強く、上値は重かった。

 幅広い銘柄のSP500種株価指数も反発し、6・01ポイント高の4079・95と過去最高値を更新した。ハイテク株主体のナスダック総合指数は続落し、9・54ポイント安の1万3688・84。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • コロナアプリ動作確認テストせず (4/16)

     新型コロナウイルス対策で開発されたスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」がアンドロイド版で4カ月間機能していなかった問題で、厚生労働省は16日、不具合が見逃されたのは、動作を確かめ...

  • 鳥取・境港にクルーズ船が入港 (4/16)

     鳥取県境港市の境港に新設された貨客船の発着場「境夢みなとターミナル」に16日朝、クルーズ船「飛鳥2」が入港した。昨年4月の供用開始から貨客船の寄港は初めて。昨年は旅客船の寄港が42回予定されながら、...

  • まん延防止4県追加、今夕決定へ (4/16)

     政府は16日午前、新型コロナウイルス感染症対策の専門家らによる基本的対処方針分科会を開く。西村康稔経済再生担当相が、緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」の適用対象に埼玉、千葉、神奈川、愛知の...

  • 首相、米製薬首脳と会談へ (4/16)

     菅義偉首相は、新型コロナウイルスワクチンの供給を巡り、米ワシントン訪問中に米製薬大手ファイザー社のアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と電話形式で会談する方向で調整に入った。欧米諸国に比べて接...

  • 変異株、東京で増加顕著 (4/16)

     東京都は15日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開き、関西圏で流行する変異株について専門家が「都内で著しく増加している」との見解を示し「5月の大型連休前に感染者数が急増する可...