ニュース

コロナ解雇10万人超え 大都市中心、飲食業多く

2021/4/8 10:25
 多くの飲食店が「休業中」の表示を張り出す雑居ビル=2月、東京・銀座

 多くの飲食店が「休業中」の表示を張り出す雑居ビル=2月、東京・銀座

 厚生労働省は8日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止めで仕事を失った人が、7日時点で見込みを含めて累計10万425人になったと明らかにした。東京や大阪など大都市圏が中心で、飲食業や製造業で多かった。

 政府は企業への支援策の要としている雇用調整助成金の特例措置を5月から原則として段階的に縮小する方針で、これまで雇用を維持してきた企業が新たに雇用調整に踏み切る可能性がある。雇用情勢は今後悪化の恐れもある。

 集計は昨年2月から厚労省が実施。各地の労働局やハローワークが把握したケースに限られるため、実際はもっと多いとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 百貨店の松屋、赤字44億円 (4/14)

     百貨店の松屋が14日発表した21年2月期連結決算は、純損益が44億円の赤字(前期は8億円の黒字)に転落した。赤字は10年2月期以来11年ぶり。新型コロナによる臨時休業や時短営業に加え、松屋銀座(東京...

  • 為替相場  14日(日本時間19時) (4/14)

    19時現在           1ドル=             109円01銭〜          109円02銭    前日比  +0円30銭   1ユーロ=            130円32銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • カゴメ、新疆産トマト使用停止へ (4/14)

     カゴメは14日、中国の新疆ウイグル自治区で生産されたトマトペーストの使用を2021年中に取りやめると明らかにした。人権問題への懸念の高まりや、コスト、安定性などを総合的に判断したと説明している。 カ...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...