ニュース

間瀬氏がモンゴル代表監督に サッカー協会理事会が承認

2021/4/8 20:27

 日本サッカー協会は8日、オンラインで理事会を開き、アジア貢献事業の一環として、Jリーグの秋田、愛媛で監督を務めた間瀬秀一氏(47)をモンゴルのフル代表とU―23(23歳以下)代表の兼任監督として派遣することを承認した。同氏は元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が千葉を指揮時代に通訳を務めていたことでも知られる。

 加盟団体の統治強化のため、調査、処分、懲罰などの規定を改正して日本協会の権限を明記した。本年度も女性の経営人材を養成する「女性リーダーシッププログラム」を開催し、6月に開講、10月に修了する予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • ハーフパイプ、戸塚が連覇 (4/14)

     スノーボードの全日本選手権ハーフパイプ最終日は14日、札幌市ばんけいで決勝が行われ、男子は今年の世界選手権を制した戸塚優斗(ヨネックス)が94・25点で2大会連続3度目の優勝を果たした。冬季五輪2大...

  • J1柏で4選手がコロナ陽性 (4/14)

     J1柏は14日、トップチームの4選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。個人名は非公表。保健所と連携して濃厚接触者の調査を進め、今後のチーム活動の方針を決める。柏では昨季から選手らの感...

  • 松山市、公道聖火リレー中止 (4/14)

     愛媛県の東京五輪聖火リレー実行委員会は14日、松山市内の公道でのリレー中止を大会組織委員会に正式に申し入れ、了承を得た。県実行委のトップを兼任する中村時広県知事が明らかにした。新型コロナウイルスの感...

  • 羽生、紀平ら日本勢が調整 (4/14)

     フィギュアスケートの世界国別対抗戦は15日に丸善インテックアリーナ大阪で開幕する。2大会ぶり3度目の優勝を目指す日本やロシア、米国、カナダ、イタリア、フランスの6カ国で争われ、14日の公式練習で男子...