ニュース

ローソン、中国に1万店目標 ユニクロはアジア出店加速

2021/4/8 20:47

 ローソンは8日、中国に展開するコンビニ数を現在の約3千店舗から2025年度までに1万店舗に引き上げる目標を発表した。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長も、東南アジアでのユニクロの年間出店ペースを現状の40〜50店舗から100店舗へ加速させる考えを示した。アジアの旺盛な需要を取り込んで成長を図る。

 ローソンの21年2月期の中国事業は、営業利益ベースで初めて黒字化した。竹増貞信社長は「現地のパートナー企業と組むなど、いろいろな手だてを考えて事業展開する」と述べた。

 柳井氏は「進出のペースを上げ、アジアで圧倒的ナンバーワンになる」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ホンダが小型ロケット開発 (4/24)

     ホンダは23日、宇宙事業への将来の参入を視野に、小型ロケットの開発を数年前から進めていると明らかにした。自動車生産で培ったコスト削減の知見を生かす。 米電気自動車(EV)大手のテスラは創業者のイーロ...

  • 為替相場  24日(日本時間 0時) (4/24)

     0時現在           1ドル=             108円09銭〜          108円10銭    前日比  −0円18銭   1ユーロ=            130円24銭...

  • NY株、もみ合い (4/23)

     【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在は前日比38・06ドル高の3万3853・96ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 地域観光支援、年末まで (4/23)

     赤羽一嘉国土交通相は23日、観光支援事業「Go To トラベル」に代わる都道府県の旅行割引支援を12月末まで続けると発表した。当面5月末までとしていたが、新型コロナウイルス感染が広がる地域は割引開始...