ニュース

原沢、ウルフが優勝 柔道アジア・オセアニア選手権

2021/4/8 22:16

 柔道のアジア・オセアニア選手権第3日は8日、キルギスのビシケクで男女計5階級が行われ、東京五輪男子代表3人が出場した日本勢では、2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルで100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)が3試合を制して優勝した。決勝は金ミン宗(韓国)に優勢勝ち。 

 100キロ級はウルフ・アロン(了徳寺大職)が4試合を制して優勝(初戦は不戦勝)。ウズベキスタン選手との決勝は延長で一本を奪った。

 90キロ級の向翔一郎(ALSOK)は初戦から2試合連続一本勝ちで進んだ決勝で、ウズベキスタン選手に一本負けして2位だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • バスケ、宇都宮が45勝目 (4/16)

     バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は16日、富山市総合体育館で1試合が行われ、東地区首位の宇都宮が富山を119―62で下し、45勝9敗とした。

  • 中3―7広(16日) (4/16)

     広島が連敗を3で止めた。同点の三回に鈴木誠の4号3ランで勝ち越すなど打線が13安打7得点と活発だった。救援で2回無失点の大道がプロ初勝利。中村奨が二塁打でプロ初安打を記録した。中日は今季初の4連敗と...

  • 体操、18歳北園丈琉が首位 (4/16)

     体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権第2日は16日、群馬県の高崎アリーナで行われ、男子予選は昨年2位で18歳の北園丈琉が6種目合計87・332点で首位に立ち、三輪哲平が0・734点...

  • D0―7巨(16日) (4/16)

     巨人が5連勝した。三回に岡本和の2点二塁打で先制し、五回に坂本の2号ソロ、六回に梶谷の2点二塁打と岡本和の適時打で3点を加えた。菅野は6安打の完封で今季初勝利を挙げた。DeNAは2年ぶりの7連敗を喫...