ニュース

沖縄、4〜5月の伝統行事を直撃 「影響どれだけ」懸念の声

2021/4/9 19:27
 買い物客がまばらな那覇市の商店街=9日午後

 買い物客がまばらな那覇市の商店街=9日午後

 旧暦の3月に当たる4〜5月、沖縄県は、親族が墓前に集まって先祖を供養する伝統行事「清明祭(シーミー)」のシーズンだ。関係する飲食など幅広い業界が「まん延防止等重点措置」の適用によって打撃を受けると予想され、県内では「どれだけの影響が出るのか」と懸念の声が上がる。

 楚南佐千恵さん(65)が働く那覇市中心部の国際通り近くの菓子店は、地元客が中心で観光客は多くないため「これまで新型コロナウイルスの影響はそれほどでもなかった」という。ただ、外出自粛が求められると、地元客の足も遠のきかねない。「シーミーの規模も縮小されるだろう。不安だ」と漏らした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 米政権、マスクなし拡大 (5/15)

     【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は14日、ホワイトハウスでの記者会見に1月の就任後初めて、マスクなしで出席した。これまで演壇で話す時以外は着用していた。新型コロナウイルスワクチン接種完了から2週...

  • NY株続伸、360ドル高 (5/15)

     【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比360・68ドル高の3万4382・13ドルで取引を終えた。長期金利の上昇が一服したことから投資家心理が改善し、I...

  • 尻から酸素、呼吸不全を改善 (5/15)

     腸でも呼吸できるドジョウをヒントに、酸素が少ない環境でブタやマウスにお尻から酸素を送り込んだところ、呼吸不全の症状が改善する傾向が見られたとの研究結果を東京医科歯科大の武部貴則教授らのチームが、14...

  • 菅首相、答えに窮し助け舟求める (5/14)

     「今が感染を食い止める大事な時期」。14日、首相官邸であった菅義偉首相の記者会見。これまで同様、緊急事態宣言の意義を繰り返し訴えた。当初の方針を転換して対象地域を拡大した理由など答えに窮する場面では...

  • 国内コロナ感染、6000人超 (5/14)

     国内で14日、新たに6264人の新型コロナウイルス感染者が確認された。6千人を超えたのは4日連続。厚生労働省によると、重症者は過去最多だった前日から5人減り1209人となったが、引き続き高い水準で推...