ニュース

小池都知事、変異株流入に危機感 往来自粛を最優先

2021/4/9 21:10
 「まん延防止等重点措置」の適用決定を受け、記者会見する東京都の小池百合子知事=9日夜、都庁

 「まん延防止等重点措置」の適用決定を受け、記者会見する東京都の小池百合子知事=9日夜、都庁

 東京都の小池百合子知事は9日夜に臨時の記者会見を開き、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づくまん延防止等重点措置の適用決定に伴う対応を発表した。「人流の抑制を最優先」と位置付けて都民向けの要請の筆頭に「変異株による感染が拡大している大都市圏との往来自粛」を掲げ、関西圏で急拡大するタイプの変異株流入に強い危機感を示す内容。

 重点措置の対象となったのは23区と八王子、立川、武蔵野、府中、調布、町田の6市。今月12日から5月11日までの期間中、飲食店に対する営業時間短縮要請は閉店時間を1時間早め、午後8時となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • EU、接種証明書を6月開始へ (5/9)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は8日、ポルトガルでのEU首脳会議後の記者会見で、新型コロナワクチン接種などの情報を示す域内共通のデジタル証明書の6月運用開始に自信...

  • 休業・時短、対応に地域差 (5/8)

     新型コロナウイルス流行に伴う4都府県の緊急事態宣言の延長と2県の追加を受け、百貨店やイベントを手掛ける事業者は8日、対応の検討を急いだ。大型商業施設に対する要請内容は、休業や週末のみの休業、時短営業...

  • EUとインド、貿易交渉再開合意 (5/8)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の27カ国とインドは8日、首脳会議を開き、2013年以来凍結されていた自由貿易協定(FTA)交渉の再開や、EUとインドのつながりを強める運輸インフラ整備などで合意...

  • インド1日の死者、初の4千人超 (5/8)

     【ニューデリー共同】インド政府は8日、新型コロナウイルス感染者の1日当たりの死者が4187人になったと発表した。4千人を超えるのはインドでは初めて。1日当たりの感染確認も3日連続で40万人を超え、感...

  • 14道県、感染者最多を更新 (5/8)

     国内で8日、新たに報告された新型コロナの感染者が7246人となり、14道県で過去最多を更新した。7千人台は1月16日以来。各地で「第4波」が猛威を振るい始めた。人口10万人当たりの療養者数は17都道...