ニュース

変異株で損失4兆円増も 東京、急速な拡大で

2021/4/10 9:27
 東京の変異株感染者割合のシナリオ

 東京の変異株感染者割合のシナリオ

 感染力が強い新型コロナウイルスの変異株が急速に拡大して流行の主流となった場合、東京の経済損失が約4兆円増える可能性があるとの試算を東京大の仲田泰祐准教授と藤井大輔特任講師のチームが10日までにまとめた。拡大を抑えるために、これまでの緊急事態宣言による対策よりもさらに強力な対応が必要となるため、損失も大幅に増加するという。

 仲田准教授は「首都圏ではいかに変異株の割合増加を抑えるかが最重要課題だ。大阪など変異株が広がっている地域との往来をなるべく控えるべきだろう。拡大の兆候が出た際にいち早く強い対策をとることで、結果的に損失を抑えることができる」としている。


  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 母パンダに若竹プレゼント (5/9)

     和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は母の日の9日、10頭の子を出産した20歳のジャイアントパンダ良浜に、好物の若竹とカーネーションの花をかたどったニンジンをプレゼントした。昨年1...

  • 日本一遅い桜開花、稚内と釧路 (5/8)

     気象庁は8日、北海道稚内市と釧路市でエゾヤマザクラが開花したと発表した。気象庁の全国の桜観測地点で最も遅い開花確認。那覇市で1月4日にヒカンザクラが開花してから約4カ月で、桜前線は国内最北の標本木が...

  • 離島の子にも母の日の花を (5/8)

     花屋のない離島の子どもたちに、母の日に渡すためのカーネーションを贈ろうと、母の日を翌日に控えた8日、鹿児島市で花屋を営む田知行義久さん(73)から、鹿児島県三島村の竹島に花束が届けられた。「母親に感...

  • 「日本バレエの母」没後80年 (5/8)

     1917年のロシア革命から逃れ、日本に亡命したバレリーナ、エリアナ・パブロバが亡くなって今年で80年となり、横浜市中区の外国人墓地で8日、追悼行事が開かれた。戦前に日本初のバレエ学校を開き、多くの門...

  • 首里城復元資料が金沢で見つかる (5/8)

     1992年の首里城(那覇市)の復元事業で使われた彫刻の資料が、復元に携わった彫刻家(故人)の金沢の自宅で約30年ぶりに見つかった。作業当時の細かい注意点が記されており、2019年に焼失した城の再建に...