ニュース

ケイコ氏接戦、決選投票か 上位2者で、ペルー大統領選

2021/4/12 13:55
 ペルー大統領選に立候補したケイコ・フジモリ氏=8日、リマ(ロイター=共同)

 ペルー大統領選に立候補したケイコ・フジモリ氏=8日、リマ(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】南米ペルー大統領選が11日投開票され、民間調査会社によるサンプル集計(開票率約70%)によると、アルベルト・フジモリ元大統領(82)の長女ケイコ氏(45)が得票率14・5%で2位となり、上位2者による6月6日の決選投票に進む可能性が高まった。18候補のうち誰も第1回投票で当選に必要な過半数は得票できない見通し。

 サンプル集計で首位に立ったのは急進左派の小学校教師カスティジョ氏(51)で18・6%。3位は右派の企業家ロペスアリアガ氏(60)で11・9%。

 ケイコ氏は出馬3度目。2011年と16年の大統領選では、いずれも決選投票で惜敗した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • G7、台湾問題の平和的解決を (5/6)

     【ロンドン共同】ロンドンで開かれた先進7カ国(G7)外相会合は5日、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、(中国と台湾の)両岸問題の平和的解決を促す」とする共同声明を発表した。人権問題や東・南シナ...

  • 仏、英雄ナポレオンの功罪刻む (5/6)

     【パリ共同】フランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(1769〜1821年)の死去から200年を迎えた5日、同国のマクロン大統領は記念行事で演説した。奴隷制復活など英雄の「過ち」に言及した上で「業績は今も...

  • 米、中国のロケット残骸を追跡 (5/6)

     【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は5日の記者会見で、中国が4月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」の残骸が大気圏に再突入して地表に落下する可能性があるため、米宇宙軍が追跡していると明らかに...

  • 「偽情報増幅止める責任」 (5/6)

     【ワシントン共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)の第三者機関がトランプ前米大統領のアカウント凍結を支持したことを受け、サキ大統領報道官は5日の記者会見で、バイデン大統領の見解として主要ソーシ...

  • NYタイムズ読者33%増 (5/6)

     【ニューヨーク共同】米新聞大手ニューヨーク・タイムズは5日、2021年3月末のデジタルと紙媒体の有料契約者の合計が781万6千人となり、1年前と比べて33・8%増えたと発表した。電子版などの伸びがけ...