ニュース

ワクチン2回接種後に感染、石川 病院勤務の派遣社員

2021/4/12 17:32

 石川県などは11日、米ファイザーの新型コロナワクチンを2回接種した病院勤務の派遣社員1人の感染を確認したと明かした。ワクチンが実用化される前の臨床試験でも、接種後に感染が発覚した人は複数いたことが分かっている。厚生労働省は「接種の有無にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要がある」と呼び掛けている。

 石川県などによると、派遣社員は同県立中央病院(金沢市)に勤務し、3月13日と4月3日にワクチン接種を受けた。別の感染者の濃厚接触者として検査したところ、感染が判明した。直接、患者と接する業務はしておらず、同病院は「感染拡大の恐れはないとみている」という。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 菅内閣不支持、急増47% (5/16)

     共同通信社が15、16両日に実施した全国電話世論調査によると、菅内閣の不支持率は前回4月調査から11・2ポイント急増して47・3%となり、政権発足以降最多となった。支持率41・1%を大きく上回った。...

  • インド首都の外出禁止、1カ月超 (5/16)

     【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーを含むデリー首都圏政府は16日、新型コロナウイルス対策の外出禁止令を1週間延長し24日早朝までとすると明らかにした。4月19日から継続しており、1カ月を超...

  • 国内5261人感染、46人死亡 (5/16)

     国内で16日、新たに5261人の新型コロナウイルス感染者が報告された。大阪620人、東京542人、愛知522人、福岡505人、北海道491人など。死者は大阪15人、兵庫7人、北海道5人など計46人だ...

  • 静岡県で初のインド株確認 (5/16)

     静岡市は16日、国立感染症研究所による解析の結果、新型コロナウイルスのインド変異株の感染が2例確認されたと発表した。静岡県によると、インド株の感染確認は県内では初めて。 市によると、2人とも海外渡航...

  • 大阪で15人死亡、620人感染 (5/16)

     大阪府は16日、新型コロナウイルスに620人が感染し、50〜90代の感染者15人が死亡したと発表した。基礎疾患のない50代男性も亡くなった。 新規感染者が千人を下回るのは8日連続となったが、この日は...