ニュース

キムリア150万円値下げ 3264万円、7月から

2021/4/12 20:08

 厚生労働省は12日、白血病など血液がんを点滴で治療する高額薬「キムリア」の公定価格(薬価)を約150万円引き下げ、3264万円とする方針を固めた。14日の中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)に提案し、了承されれば7月から新価格となる。

 また厚労省は、血液がん治療でキムリアと同等の効果が期待できるとして類似薬「イエスカルタ」も同じ3264万円で新たに保険適用する方針を決めた。了承されれば4月21日から適用される見通し。第一三共(東京)が製造販売する。利用患者数はピーク時に年間232人、販売額は年間79億円と見込む。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • EU、輸出ワクチンの4割日本へ (5/6)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は新型コロナウイルスワクチンについて、3日までに45カ国・地域向けに約1億7800万回分の輸出を承認した。欧州委が6日の記者会見で発表した。日本向けが約...

  • アストラ製、20日に承認判断へ (5/6)

     政府が英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンに関し、厚生労働省の専門部会で20日にも承認の可否を判断する方向で調整に入ったことが6日分かった。米モデルナ製と同時に判断することになる。 両社と...

  • 政府、民間看護師200人確保へ (5/6)

     政府は、24日開設予定の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを巡り、民間看護師を1日当たり200人確保し、接種業務を担わせる方針を固めた。東京会場に約110人、大阪会場に約90人を振り分け...

  • 国内感染4375人、死亡65人 (5/6)

     国内で6日、新たに4375人の新型コロナウイルス感染者が報告された。大阪747人、東京591人、北海道320人、愛知290人、兵庫281人など。岡山114人が過去最多に並んだ。死者は大阪28人、北海...

  • コロナ感染者、増加傾向続く (5/6)

     厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織は6日、首都圏の1都3県や大阪で昼間と夜間の人出は減っているものの、全国の感染者数は「依然として増加傾向が続いている」との分析結果をまとめ...