ニュース

家計の貯蓄率26年ぶり高水準 11・3%、コロナ影響

2021/4/13 16:17

 内閣府は13日、2020年の家計の貯蓄率(速報値)が11・3%で、26年ぶりの高水準だったとの推計結果を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で消費機会が限られた上、政府が1人10万円の特別定額給付金を配って家計収入が増えたことが貯蓄率を押し上げた。

 貯蓄率は、国内の家計全体の収入から税金や社会保険料などを差し引いた「可処分所得」のうち、消費に回らなかった部分の割合を指す。20年は、比較可能な1994年以降で最も高かった94年の12・3%に次ぐ高水準だった。

 推計によると、20年の可処分所得は316兆1895億円で過去最大だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言、5月末まで延長 (5/7)

     政府は新型コロナウイルス対策として東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に11日までの期限で発令中の緊急事態宣言を31日まで延長し、新たに愛知、福岡両県を追加する方針を固めた。7県に出している「まん延防止...

  • 高島屋が営業範囲を拡大 (5/7)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け一部売り場を除いて臨時休業していた高島屋が、東京都内の4店舗で6日から営業範囲を拡大したことが分かった。これまで営業は食品や一部の生活用品の売り場に限定していた...

  • EU、輸出ワクチンの4割日本へ (5/6)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は新型コロナウイルスワクチンについて、3日までに45カ国・地域向けに約1億7800万回分の輸出を承認した。欧州委が6日の記者会見で発表した。日本向けが約...

  • 政府、インドからの入国対策強化 (5/6)

     政府が新型コロナウイルス変異株の流行するインドからの入国者に対し、指定宿泊施設での待機期間を現在の入国後3日間から6日間に延長し、入国前後の検査も4回実施するなどの水際対策強化を検討していることが6...

  • アストラ製、20日に承認判断へ (5/6)

     政府が英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンに関し、厚生労働省の専門部会で20日にも承認の可否を判断する方向で調整に入ったことが6日分かった。米モデルナ製と同時に判断することになる。 両社と...