ニュース

厚労省、看護師派遣を特例容認へ ワクチン集団接種会場

2021/4/13 18:59

 厚生労働省は13日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種に必要な人材確保のため、自治体が設ける接種会場への看護師派遣を来年2月末まで特例的に認める方針を決めた。現在はへき地を除き、医療機関への看護師派遣を原則禁止している。この日開かれた労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の部会に規制緩和案を示し、了承された。早ければ月内に労働者派遣法の省令を改正する。

 今月12日には65歳以上の高齢者へのワクチン接種が始まり、ゴールデンウイーク明けから全国各地で本格化する見通し。一般向けの接種も7月以降に予定され、各自治体は医師や看護師の確保を急いでいる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内感染6000人超、高止まり (5/12)

     国内で12日、新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が6千人を超えた。6千人を超えたのは2日連続で今月7日以降、おおむね6千〜7千人台で高止まりしている。厚生労働省によると、重症者は前日から13...

  • 大阪府で50人死亡、過去2番目 (5/12)

     大阪府は12日、851人が新型コロナウイルスに感染し、感染者50人が死亡したと発表した。1日に発表された死者の数としては、7日と並んで過去2番目。 吉村洋文知事は12日の記者会見で、改正感染症法に基...

  • 目標の7月末完了は1500前後 (5/12)

     高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、菅義偉首相が目標に掲げる7月末までの希望者への接種完了が可能としているのは、全国1741市区町村のうち1500前後であることが12日、分かった。複数の...

  • 東京で新たに969人感染 (5/12)

     東京都は12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに969人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの人数は874人となり、前週比は109・4%。累計は14万9061人となった。 大型...

  • オプジーボ、11・5%値下げ (5/12)

     厚生労働省は12日、がん治療薬「オプジーボ」の薬価を11・5%引き下げると決めた。240ミリグラム入り1瓶の価格は現行の41万3990円から36万6405円となる。類似薬の価格が引き下げられたことに...