ニュース

東南アの配車大手が米国に上場へ SBG出資、時価4兆円の見通し

2021/4/13 21:38

 【シンガポール共同】東南アジアの配車アプリ大手グラブは13日、特別買収目的会社(SPAC)と合併して米国株式市場へ上場すると発表した。同社によると、時価総額は約4兆3千億円に上る見通しで、東南アジアで過去最大規模になる。

 グラブはソフトバンクグループの巨大投資ファンドやトヨタ自動車などが出資。東南アジアでは未上場の新興企業で推定時価総額が大きい「ユニコーン」企業の代表格だった。今後、上場で得た資金で食事宅配や決済分野などを強化するとみられる。

 グラブは2012年に創業し、東南アジア8カ国で配車や決済、食事宅配などの機能が入ったアプリを展開する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 12日13時     (5/12)

    <225種>          28070円90銭      前日比 −537円69銭  <TOPIX>         1868.19        前日比 −37.73    

  • 為替相場  12日(日本時間13時) (5/12)

    13時現在           1ドル=             108円85銭〜          108円86銭    前日比  +0円09銭   1ユーロ=            131円89銭...

  • 冷凍すし、賞味期限改ざん (5/12)

     和食レストランを展開する「がんこフードサービス」(大阪市淀川区)は11日、ギフト販売用冷凍食品「笹蒸し寿司」の賞味期限を社員が改ざんしていたとホームページ上で公表した。穴子やエビなどのネタを使った2...

  • 東証、午前終値2万8439円 (5/12)

     12日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。米長期金利上昇への警戒感などから前日の米ダウ工業株30種平均が大幅続落した流れを受け、売り注文が優勢となった。900円超の値下がりとなっ...

  • 米給油所1000カ所で在庫不足 (5/12)

     【ワシントン共同】米石油製品パイプラインがサイバー攻撃を受けた問題で11日、関連州の消費者がガソリンの買いだめに走り、在庫不足に陥る給油所が千カ所を超える事態となった。AP通信などが報じた。グランホ...