ニュース

2月の機械受注、8・5%減 2カ月連続マイナス

2021/4/14 10:16

 内閣府が14日発表した2月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比8・5%減の7698億円となり、2カ月連続のマイナスだった。

 製造業が5・5%減の3426億円、非製造業が10・9%減の4227億円だった。船舶・電力や官公庁、外需を含む受注総額は26・4%増の3兆312億円だった。

 機械受注統計は、主要な機械メーカー約280社が対象で、企業の設備投資意欲をみる代表的な指標となっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY円、108円後半 (5/7)

     【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比29銭円高ドル安の1ドル=108円74〜84銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2100〜10ドル、131円67〜77...

  • 為替相場   7日(日本時間22時) (5/7)

    22時現在           1ドル=             108円55銭〜          108円56銭    前日比  +0円78銭   1ユーロ=            131円69銭...

  • みどりの窓口、JR東日本も削減 (5/7)

     JR東日本は、切符を対面販売する「みどりの窓口」設置駅を2024年度末までに70〜80%減らす方向で調整に入った。経営効率化が目的で、新幹線や特急停車駅、拠点駅などを除いて廃止。改札業務と一体運用し...

  • 日航、赤字2866億円 (5/7)

     日本航空が7日発表した2021年3月期連結決算は、純損益が2866億円の赤字(前期は480億円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染拡大の長期化による旅客需要の減少が響き、コスト削減にも限界があった...

  • 東京円、109円台前半 (5/7)

     7日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台前半で取引された。 午後5時現在は前日比19銭円高ドル安の1ドル=109円14〜16銭。ユーロは34銭円安ユーロ高の1ユーロ=131円80〜84銭。...