ニュース

尾身氏「コロナは第4波」 まん延防止の迅速な適用求める

2021/4/14 12:58
 尾身茂氏

 尾身茂氏

 政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院内閣委員会に出席し、現在の新型コロナの感染状況に関し「いわゆる『第4波』と言って差し支えない」と述べた。「まん延防止等重点措置」の追加適用の是非については「極めて迅速に機動的に出す必要がある時期に来ている」と指摘。西村康稔経済再生担当相は、愛知県は特に感染拡大傾向が強いとして、重点措置を含めた対応が求められるとの警戒感を示した。

 尾身氏は感染状況が第4波に当たるかどうかを巡り、これまで「入りつつある」との認識を表明していた。変異株の拡大を踏まえ、一層の危機感を訴えた形だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 北海道で最多506人感染 (5/9)

     北海道などは9日、道内で506人の新型コロナウイルス感染が確認され、7人が死亡したと発表した。1日当たりの感染者発表数は過去最多。道内の感染者は計2万6681人。死者は計897人となった。 新規感染...

  • スペイン、非常事態を解除 (5/9)

     【パリ共同】スペイン政府は9日、新型コロナウイルス対策で昨年10月下旬に全土に再宣言した非常事態を約半年ぶりに解除した。流行は抑制傾向にあるが、各自治州間の移動が原則自由となることで、専門家は感染の...

  • 70歳までの働き方「未定」6割 (5/9)

     共同通信社が主要110社に行ったアンケートによると、希望者が70歳まで働ける環境づくりについて、59・1%の企業が「検討中」と回答した。政府は70歳までの就業機会確保を企業に求める法律を4月に施行し...

  • 入国者の出発前検査実態を把握 (5/9)

     政府は新型コロナウイルスの水際対策として全ての入国者に求めている出国前検査の実態把握に乗り出した。「陰性」と判定された検査証明書があるにもかかわらず、入国時の検疫で「陽性」と判明する事例が相次いでい...

  • 国内も変異株ワクチン開発に着手 (5/9)

     国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を手掛ける製薬ベンチャーのアンジェスと大手の塩野義製薬は9日、変異株に合わせたワクチン開発にも着手したことを横浜市で開かれた日本感染症学会学術講演会...