ニュース

東証反落、130円安 コロナ再拡大の悪影響懸念

2021/4/14 15:17
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。新型コロナウイルス感染症の国内再拡大が顕著になり、国内企業の業績への悪影響が広がるとの懸念から売り注文が目立った。

 終値は前日比130円62銭安の2万9620円99銭。東証株価指数(TOPIX)は6・37ポイント安の1952・18。出来高は約10億3628万株だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • トヨタ株が一時8869円 (5/18)

     18日午後の東京株式市場でトヨタ自動車の株価が一時8869円まで上昇し、午前に続き上場以来の最高値を更新した。新型コロナウイルス流行の収束が見通せない中、業績拡大が見込まれる銘柄として注目を集めた。...

  • インド、累計感染2500万人超 (5/18)

     【ニューデリー共同】インド政府は18日、新型コロナウイルスの累計感染者が約2522万9千人となり、1日当たりの死者が過去最多の4329人となったと発表した。累計感染者が2500万人を超えるのは米国に...

  • 東京、新たに732人感染 (5/18)

     東京都は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに732人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの人数は756・9人となり、前週比は91・8%。累計は15万3390人となった。 都...

  • 歯科医によるワクチン接種始める (5/18)

     神奈川県大和市は18日、市内の新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、歯科医師による接種を始めた。同市では85歳以上を対象に、17日から集団接種を開始している。 市によると、市立病院歯科口腔外科...

  • 存続危機の演芸場支援を (5/18)

     新型コロナウイルス感染拡大で東京都内の民間の演芸場が存続の危機にあるとして、落語などの公演を行っている落語協会(柳亭市馬会長)と落語芸術協会(春風亭昇太会長)が18日、支援のためのクラウドファンディ...