ニュース

カゴメ、新疆産トマト使用停止へ 人権問題を考慮

2021/4/14 18:58

 カゴメは14日、中国の新疆ウイグル自治区で生産されたトマトペーストの使用を2021年中に取りやめると明らかにした。人権問題への懸念の高まりや、コスト、安定性などを総合的に判断したと説明している。

 カゴメはこれまで同自治区からトマトペーストを輸入し、ソースなどの原料としていた。米国や欧州、オーストラリアからも調達しており「中国からはここ2〜3年で輸入量を減らしていた」(広報)という。

 同社は「調達をやめる分は他国からの輸入で補える。20年産のトマトペーストを最後に輸入は既にやめ、在庫を残すのみとなっている」としている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   7日(日本時間 4時) (5/7)

     4時現在           1ドル=             109円03銭〜          109円05銭    前日比  +0円30銭   1ユーロ=            131円45銭...

  • 為替相場   7日(日本時間 2時) (5/7)

     2時現在           1ドル=             109円11銭〜          109円12銭    前日比  +0円22銭   1ユーロ=            131円48銭...

  • 高島屋が営業範囲を拡大 (5/7)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け一部売り場を除いて臨時休業していた高島屋が、東京都内の4店舗で6日から営業範囲を拡大したことが分かった。これまで営業は食品や一部の生活用品の売り場に限定していた...

  • 米中貿易協議、近く再開か (5/6)

     【北京共同】香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は6日、米中の「第1段階」貿易合意に関する閣僚級協議が近く開かれる見通しだと伝えた。開催されればバイデン米政権発足後初となる。 同紙...

  • NY株、もみ合い (5/6)

     【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在、前日比5・70ドル高の3万4236・04ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は4...