ニュース

核ごみ意見交換、猛反発も 「説得の場だ」、北海道寿都

2021/4/14 22:55
 「対話の場」の冒頭であいさつする片岡春雄町長=14日午後、北海道寿都町

 「対話の場」の冒頭であいさつする片岡春雄町長=14日午後、北海道寿都町

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、第1段階の文献調査が行われている北海道寿都町で、処分事業を担う原子力発電環境整備機構(NUMO)は14日、町とともに、住民らが意見交換する会合「対話の場」を初めて設けた。調査反対派の町議らが会の在り方などに「単なる『説得の場』だ」と猛反発し、紛糾した。

 町議らは、NUMOと町が提示した会合の規則案に抗議。一方、規則案に賛成する参加者は「議論が何も進んでいない」と憤慨。会の進め方や規則は決まらないまま会合は終了した。当初予定していた非公開のワークショップは実施できなかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 奄美、世界遺産へ希少種保護 (5/11)

     「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産への登録勧告を受け、鹿児島・奄美大島の5市町村の首長が11日、奄美市役所で合同記者会見を開いた。朝山毅奄美市長らは「新型コロナウイルスの脅威...

  • 残ったワクチン集め接種、福岡 (5/11)

     福岡県田川市で、廃棄予定の容器に残った新型コロナウイルスワクチンを集めて市内の65歳以上の男女6人に接種したことが11日、市への取材で分かった。厚生労働省は都道府県などに対し、残ったワクチンは異物混...

  • 米版はやぶさ、小惑星を出発 (5/11)

     【ワシントン共同】米国版はやぶさとも呼ばれる米航空宇宙局(NASA)の小惑星探査機オシリス・レックスが10日、小惑星ベンヌで採取した岩石を持ち帰るため地球に向けて出発した。昨年10月に岩石採取に成功...

  • 米、12〜15歳にもワクチン (5/11)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は10日、これまで16歳以上としてきた米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種を12〜15歳にも許可すると発表した。12日の米疾病対策センタ...

  • 緒方洪庵の薬瓶、素粒子で透視 (5/11)

     江戸時代末期に大阪で活躍した医師、緒方洪庵が残した薬瓶の中身を、物質を通り抜ける素粒子「ミュー粒子」を当てることでふたを開けることなく特定できたと、大阪大の高橋京子招へい教授(生薬学)らのチームが1...