ニュース

31歳の海老沼匡、現役引退表明 柔道五輪2大会銅メダル

2021/4/15 12:18
 記者会見で現役引退を発表した柔道の海老沼匡=15日午前、東京都内

 記者会見で現役引退を発表した柔道の海老沼匡=15日午前、東京都内

 柔道男子66キロ級で2012年ロンドン五輪、16年リオ五輪と続けて銅メダルを獲得し、世界選手権を3度制した海老沼匡(31)が15日、東京都内で記者会見を開いて「現役を引退することを決めた」と発表した。「(今後の)国際大会で活躍することは厳しいと感じた」と理由を挙げた。

 栃木県出身の海老沼は中学、高校の6年間を東京の柔道私塾「講道学舎」で鍛えて成長。背負い投げなど切れ味鋭い投げ技で一本を狙って攻め抜くスタイルで活躍した。

 減量苦からリオ五輪後は73キロ級に階級を変えて東京五輪出場を目指したものの、代表争いに敗れた。6月の世界選手権代表には入らなかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 19日から五輪合同会議 (5/18)

     東京五輪の準備状況を監督するIOC調整委員会と大会組織委員会などによる合同会議が、19日から3日間、テレビ電話会議形式で行われる。開幕まで2カ月余りに迫り、開催を疑問視する声が依然として消えない中、...

  • 射撃テスト大会に中山ら参加 (5/18)

     東京五輪に向けた射撃のテスト大会が18日、本番会場の陸上自衛隊朝霞訓練場で行われ、代表選手らが参加した。クレーの女子トラップ代表で5度目の五輪に臨む中山由起枝は「初めて中に入ることができて念願がかな...

  • ボクシング岡沢、五輪金に自信 (5/18)

     ボクシングのコロトコフ記念国際トーナメント(ロシア)で優勝した東京五輪代表らが18日、オンラインで記者会見し、男子ウエルター級の岡沢セオンは「この勢いで五輪に臨みたい。金メダルが100パーセントの確...

  • 体育館敷地を聖火ランナー周回 (5/18)

     東京五輪の聖火リレーは18日、緊急事態宣言が発令された広島県での2日目を迎えた。公道の走行を中止し、無観客の中、福山市総合体育館敷地内の周回コースで実施。ランナー73人が30mずつ走って炎をつないだ...

  • 池江が200m自由形出場へ (5/18)

     白血病から復帰し、競泳の東京五輪代表に入った女子の池江璃花子(ルネサンス)が21〜23日のいきいき茨城ゆめカップ(茨城県ひたちなか市)で200メートル自由形にエントリーした。主催者が18日、明らかに...