ニュース

2割がコロナで「カスハラ」増加 在宅ストレス影響も

2021/4/15 15:45

 新型コロナウイルスの影響で、苦情対応の経験がある会社員の21・6%が、取引先や顧客からの嫌がらせ「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が増えたと感じているとの調査結果を15日、危機管理コンサルティング会社がまとめた。特に従業員対応や商品へのクレームが目立ち、同社は在宅時間の増加など新型コロナによるストレスも要因と分析している。

 「エス・ピー・ネットワーク」(東京)が3月、インターネットでアンケートを実施。20〜60代の男女1030人が回答した。

 2020年1月以降のカスハラ被害を尋ねたところ、「コロナ禍の影響で増えた」と答えたのは21・6%だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 緊急宣言、12日から6都府県に (5/11)

     政府が12日から新型コロナウイルス緊急事態宣言を6都府県に拡大して31日まで延長し、感染抑制策は正念場を迎えた。11日は東京都内にある国立美術館などを巡り国と都の見解が食い違った末、休館継続が急きょ...

  • テレワーク実施状況開示を (5/11)

     西村康稔経済再生担当相は11日、経済3団体とオンライン会議を開き、新型コロナウイルス対策のテレワーク推進を改めて求めた。出勤者の7割削減の目標を達成するため、企業に何割減らしているかといった実施状況...

  • 九州南部が梅雨入り (5/11)

     気象庁は11日、九州南部(宮崎、鹿児島両県の本土と種子島・屋久島地方)が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より19日早く、1951年に記録を取り始めてから、九州南部としては2番目に早い。 気象庁...

  • JR東、みどりの窓口を7割減に (5/11)

     JR東日本は11日、対面で切符を販売する「みどりの窓口」の設置駅を減らし、2025年までに現在より約7割少ない140駅程度に絞る計画を発表した。インターネットでの切符販売の割合を増やすことで、窓口業...

  • 愛媛沖の瀬戸内海にイルカの群れ (5/11)

     松山海上保安部(松山市)は11日、愛媛県伊方町の三机港沖の瀬戸内海で9日に約50頭のイルカの群れが泳いでいるのを確認したと発表した。この海域でこれほどの群れを見掛けるのは珍しいという。 同保安部によ...