ニュース

東京円、108円台後半 

2021/4/16 10:14

 16日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比04銭円高ドル安の1ドル=108円77〜78銭。ユーロは30銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円05〜06銭。

 米金融緩和が長期化するとの観測から前日の米長期金利が低下し、日米の金利差が縮小するとの思惑から円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 市場では「米景気回復を期待してドルを買う動きもあり、円相場は小幅な値動きになっている」(市場関係者)との声も聞かれた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 街角景気、9・9ポイント下落 (5/13)

     内閣府が13日発表した4月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数が前月比9・9ポイント下落の39・1となり、3カ月ぶりに悪化した。

  • 東京株式 13日14時     (5/13)

    <225種>          27587円76銭      前日比 −559円75銭  <TOPIX>         1859.85        前日比 −18.10    

  • 為替相場  13日(日本時間14時) (5/13)

    14時現在           1ドル=             109円69銭〜          109円70銭    前日比  −0円90銭   1ユーロ=            132円48銭...

  • 企業内コロナワクチン接種を要請 (5/13)

     河野太郎行政改革担当相は13日、経団連の冨田哲郎副会長(JR東日本会長)と会談し、企業内での新型コロナウイルスワクチン接種への協力を要請した。社員に加え、社員の家族の高齢者なども対象とするよう求め、...

  • 東証、午前終値2万7628円 (5/13)

     13日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3日連続で大幅に下落した。米国の物価高懸念に伴う米株価急落や、日本で新型コロナウイルス変異株感染が拡大したことで市場心理は冷え込み、下げ幅は一時6...