ニュース

聖火リレー、八十八カ所霊場へ 徳島、南部から2日目

2021/4/16 12:51
 徳島県美波町で聖火のトーチを掲げ走るランナー。奥は四国八十八カ所霊場の一つ薬王寺=16日午前

 徳島県美波町で聖火のトーチを掲げ走るランナー。奥は四国八十八カ所霊場の一つ薬王寺=16日午前

 東京五輪の聖火リレーは16日、徳島県での2日目が実施された。聖火は、ぽつぽつと雨が落ちる中、午前9時すぎに海陽町の地域振興施設・阿波海南文化村を出発。県南部の山河を巡り、四国八十八カ所霊場の一つで美波町にある薬王寺などを経て、夜に徳島市内に到着し、県内での日程を終える。

 薬王寺は、奈良時代の726年に建立されたと伝わり、厄よけの寺と呼ばれる。四国遍路をする人々が立ち寄る23番札所にもなっている。

 リレーは午後、ひな人形を多く展示する勝浦町の人形文化交流館などへ。ゴール会場では、徳島の夏の風物詩「阿波おどり」の踊り手らが、最終走者を出迎える。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • バイデン氏、五輪出席の結論まだ (5/6)

     【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は5日の記者会見で、バイデン大統領が東京五輪に出席するかどうかの判断に関し検討が続いていると述べた。「(開幕まで)12週間という期間が残っており、招待に応じて向か...

  • 聖火リレー、熊本の豪雨被災地に (5/5)

     東京五輪の聖火リレーは5日、全国19府県目となる熊本県でスタートした。昨年7月の豪雨で甚大な被害が出た人吉市で人吉城跡の広場を出発し、氾濫した球磨川沿いを走った。水俣市ではランナーが船に乗り込んで海...

  • 荒井祭里が女子高飛び込み2位 (5/5)

     飛び込みの東京五輪最終予選とテスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)第5日は5日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子高飛び込み決勝で東京五輪代表の荒井祭里(JSS宝塚)が342・00...

  • カヌー、日本勢出場枠獲得できず (5/5)

     カヌー・スプリントの東京五輪アジア予選を兼ねるアジア選手権は5日、タイのパタヤで行われ、3種目に挑んだ日本勢はいずれも出場枠を獲得できなかった。 各種目1位が出場枠を得られ、男子カナディアンペア10...

  • インド代表、五輪予選を断念 (5/5)

     新型コロナの感染拡大が深刻なインドのカヌー代表チームがアジア予選出場を断念し、東京五輪出場の可能性が消滅したと、地元メディアが4日、報じた。五輪予選を兼ねたカヌーのアジア選手権が7日までタイのパタヤ...